柔道整復師って?

看護師や理学療法士などたくさんの医療系国家資格がありますが、
柔道整復師は他の資格とどう違うかみなさんわかりますか?

柔道整復師とは、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)などの骨や筋肉のケガを治療できる資格です。
簡単に言うと、骨と筋肉に特化したケガのスペシャリストです。

実は、このようなケガの治療ができる資格は、日本では、医師と柔道整復師だけなのです!

柔道整復師は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷に限り、
医師の指示がなくても、自分の判断で応急処置や治癒までの治療を行うが可能です。
(他の医療系国家資格には医師の同意が必要なものが多いのです)

そして、様々なフィールドで活躍できるのも柔道整復師の魅力!
ケガの治療を行うことができる=ケガの予防から身体作りまでを伝えることができるのです。
接骨院だけでなく、スポーツ現場や介護施設など、活躍の場が広がっています。
スポーツ現場に多いケガのスペシャリストである柔道整復師は、スポーツトレーナーとしても活躍している方が多いというわけです。

ケガの治療 開業 スポーツとの関わり
柔道整復師 現場で関わる
鍼灸師 × 治療院で関わる
理学療法士 × × リハビリで関わる