アクセス MENU
資料請求 オープンキャンパス申込

柔道整復師ってどんな仕事?

柔道整復師とは

「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷」など、日常生活やスポーツ現場などに多く見られるケガを治すスペシャリストです。医師の指導がなくても、適応範囲であれば自ら判断して施術を行うことが出来ます。「受領委任制度」により、健康保険を取り扱える接骨院(整骨院)を独立開業できるのが大きなメリットです。

活躍している「先輩たちの声」はこちらから

さまざまな分野で活躍できる柔道整復師!

■スポーツ
柔道整復師としての技術や知識を持つことで、骨折や脱臼、捻挫などの突発的な外傷に対して施術ができるスポーツトレーナーになれます。
■医療
整(接)骨院で柔道整復師として働くことができます。また、病院の整形外科で働く柔道整復師は医師の指示によってリハビリや整復補助を行えます。
■独立開業
柔道整復師は、医療系国家資格の中でも数少ない「開業権」がある資格。自らの判断で治療し、一人ひとりの患者様に対して責任を持ちます。
■介護
柔道整復師の資格があれば「機能訓練指導員」として活躍できます。高齢化が進んでいる今、柔道整復師の免許を持つ人の需要が高まっています。

n.機能訓練指導員とは?
デイサービスに通われている方の中で、運動やリハビリを目的とされている方に対し、機能訓練指導を行うお仕事です。

BACK TO LIST