スポーツトレーナー・介護の資格も取得可能!柔道整復師を育てる専門学校|日本総合医療専門学校
   
     資料請求 お問合せ 学校説明会 サイトマップ

新入生の声


 

NEW【高校生 H.Tさん】
が柔道整復師を志した原点は、自分の知り合いの柔道整復師の方の仕事を見て、このような人間になりたいと思ったことです。その方は、人の為に身を粉にして働くことを当然と考えているようでした。その姿勢を見習いたいと思い、柔整師を目指すことを決めました。現在、少子高齢化が進行、数十年後には超高齢化社会になると言われており、その時に自分の接骨院を開くことができていれば非常に多くのお年寄りの役に立つことが出来ます。柔道整復師資格を取得する為、一番、自分に合っていると考えた貴校を選びました。入学後は、高校生活で得た知識や経験を活かしながら、日々尽力し、学校生活をおくりたいと思います。

NEW【高校生 S.Mさん】
は野球をやっています。野球をやるうえで、怪我は付き物です。怪我をした時、そして治った後も整骨院に通うことがありました。整骨院ではマッサージや電気を流してもらいました。それから、治りも早くなり、身体が軽くなったりして、柔道整復師の治療技術のすごさを感じました。スポーツをやる上では怪我が一番つまらないことだと思うので、私も柔整師となり怪我に苦しむ人や高齢者の方々の力になり、社会に貢献していきたいと思ったことが、私が柔道整復師を志した理由です。入学後は、柔道整復師資格を取得できるようしっかりと学び、卒業後は、多くの人を助け、信頼の厚い柔道整復師になれるように努力していきたいと思います。

NEW【高校生 R.Tさん】
学生の時、腰を痛めて整骨院に行き、柔道整復師という資格・仕事に興味を持ちました。他の学校も見たうえで、最終的にスポーツ科学なども学べるこの学校に入学を決めました。しっかり学習し、資格を取得し、患者さんを不安にさせない治療家になりたいと考えています。卒業後は、開業もしてみたいと思いますが、この学校で学んだことを基に、柔道整復師の資格を活かしてスポーツトレーナーとして働く道も考えております。

NEW【高校生 S.Nさん】
学3年から空手道を習っている私は、怪我を多く経験し、怪我で苦しむ人達を治せるような仕事に就きたい、と空手を通して考えるようになりました。中学生の頃、空手道部練習中の怪我で病院に行きましたが、数日間痛みがひかず、近所の整骨院に御世話になったところ、日常生活から運動時の活動方法など、より詳しく怪我を治すための方法を教えて頂きました。その通りに活動することで徐々に痛みが引いていき、この様な経験から私も柔道整復師になり、怪我をした人に分かり易く治療法を伝え、元気な姿を見たい、と思うようになりました。貴校のオープンキャンパスに伺った際に柔整師は高齢になっても続けられる職業であると知り、更に魅力を感じました。貴校で一つでも多くのことを学び、怪我で苦しむ人達を治すことができる柔道整復師になりたいです。

NEW【高校生 K.Kさん】
は、これまでの9年間、野球をやってきました。怪我をした時には、接骨院で怪我のケアやテーピングの固定などをしてもらい、そのおかげで全力で野球をすることができました。その時に、私もスポーツ選手の怪我をケアし、助けてあげたいと思いました。また、将来的には、自分の接骨院を開き、若年者から高齢者まで、幅広い年齢層の人たちの助けになっていきたいとも思いました。以上が、私が柔道整復師を志した理由です。

NEW【社会人 M.Sさん】
学の頃より強く興味を持っていた格闘技・武道を、ここ数年で始めることが出来た私の心に、次第にこの業界に久しく関わって生きていきたい、という想いが芽生えました。そして、この分野に関わる仕事を調べた結果、柔道整復師やスポーツトレーナーが選手のサポーターとして密接にかかわっていることを知り、これらの資格を取得することで、これまで学んできた生命科学や解剖学・生理学などを活かしつつ希望の仕事に就くことができるのではないかと思い、柔道整復師を志し、柔道整復術のみでなくスポーツトレーナーのことが学べるこの学校に入学することを決めました。

NEW【社会人 Y.Tさん】
が柔道整復師を志した理由は、学生時代にやっていた野球で、捻挫など筋肉系の怪我が多く、度々近所の接骨院に通院し、そこの先生から治療を受け、痛みをやわらげてもらい、試合などに出場できるようにして頂いたことにより、将来は、自分もこの先生のようにたくさんの人を治療するようになりたいと思ったことです。骨折捻挫等外傷のことをもっと勉強したいということと、将来は「接骨院」を開業し自分の仕事として施術していきたいという思いが強く、柔道整復師資格を取得することを決意しました。

NEW【社会人 N.Kさん】
が柔道整復師を志した理由は、今よりももっと知識や技術を身に付けて、仕事に活かしていきたいと思ったからです。最近は医療・介護・福祉分野の仕事が増えてきています。柔道整復師は整骨院、病院、介護・福祉施設、スポーツ関係など幅広く活躍でき、開業できるという点においても魅力を感じました。患者さんと実際に接するのに、勿論サービス精神も大切ですが、痛みを改善したり笑顔になって頂くには、やはり信頼される治療家になることだと感じました。その為にも、3年間で国家資格を取り、その先も努力していきたいと考えています。このような目標を持つことが出来るのも、家族や職場の方々のサポートがあるからなので感謝の気持ちを忘れず仕事に励んでいきたいです。

NEW【社会人 F.Kさん】
が少年の頃に怪我をした際、野球のコーチが柔道整復師で、私の怪我を直していただき、この人のようになりたい、と憧れの気持ちを抱きました。この学校で柔道整復師資格を取得し、将来は独立も良いが、まずは、病院その他いろいろなところで経験を積み、患者さんとのコミュニケーションを取り、痛みに苦しむ方々を笑顔にしていきたい、と考えています。

NEW【社会人 Y.Sさん】
生時代より興味のあった健康業界で働きたいと思い、職種を調べる中で柔整師資格を取得すれば施術者になれると知り、チャレンジすることを決めました。自分自身、幼い頃より接骨院の先生によくお世話になっており、特に印象に残っているのが、脱臼した際、整形外科では湿布薬の処方のみでしたが、その後、接骨院の先生に一瞬で治して頂き感動したことです。この学校で一生懸命に学び、知識と技術を身に付け、将来は私がお世話になった先生のように、外傷治療に強く多くの患者さまに信頼される柔道整復師になりたいです。

NEW【社会人 A.Mさん】
が柔道整復師を志した動機は、とある講座で「大地震発生の際は、自助・共助・公助の順番で行動して下さい。」という話を聞いたことでした。共助の備えの重要性に思い至り、「家族や周囲の人に自分はどんな助けができるか」と考えました。そこで、「柔道整復師となって骨折や打撲・捻挫で苦しむ人達を助けよう」と思い、さらに、「柔道整復師なら、自分の体があれば施術可能で、緊急事態でも包帯や添え木は手近な物で代用し、応急処置はできるのではないか」と発想し、これが私が柔道整復師を志した理由となりました。社会人であり、いくつかの不安要素を抱えての学生生活ですが、まず第一歩を踏み出そうと決意し、貴校入学を決めました。

NEW【高校生 R.Tさん】
は、自分が怪我をしたときの「動けない」という辛さを知り、周りの人も助けたいという思いがあり、柔道整復師を志しました。オープンキャンパスに参加し、柔道整復師資格の他、スポーツ系や介護系、アロマなど複数の資格を取れることを知り、先生にも質問しやすく、コミュニケーションが取りやすい雰囲気があったので、日本総合医療専門学校に入学することを決めました。将来は、コミュニケーション能力を磨き、医療従事者としての責任感を持ち、来院患者さんだけでなく、広くお年寄りの方々にも対応できる信頼される柔道整復師になりたいと思っています。

NEW【社会人 S.Oさん】
在の職業柄、高年齢の方と話す事も多々あり、その際、健康の話や薬の話をすることが多いです。その時など、健康についての知識の無さや自分自身の力不足を痛感することも多くありました。そうした中、自分自身の以前からの夢である柔道整復師について考える事も多くなってきました。また、趣味でやっている武道の稽古中に怪我することもあり、そのような時なども知識があれば防ぐことができる事も多くあると感じていました。柔道整復師という資格を取得し、これからの高齢化社会において、高年齢者の健康保持に役に立てたらと感じています。また、将来は、予防医学としての東洋医学の考え方が重要視される世の中が来ると感じています。

NEW【高校生 S.Yさん】
が柔道整復師になろうと思ったのは、私の祖母が通っている治療院のところで、その施術を見学させてもらった時のことがきっかけです。最初はよくわかりませんでしたが、その技は何かとてもすごいことだと感じました。帰宅し、自分で調べたところ、柔道整復師という国家資格があることを知りました。この時は正直、資格取得は大変だなと思いましたが、それでもやってみようという気持ちが湧いてきて、入学を決めました。

NEW【社会人 Z.Sさん】
は18歳の時、椎間板ヘルニアを発症、腰痛の痛さがよくわかります。痛みは本人が「痛い」と言えば痛いし、計測器で測れるようなものではありません。私は、自分が治療することにより、痛みに苦しむ人の口から「痛みがなくなった」と言ってもらえるような治療家になりたいのです。身体の痛みがなくなれば、仕事も頑張れるし、プライベートでも自分のやりたいことが思いきりできるので、患者様が楽しい生活をおくれるようにサポートが出来る柔道整復師を目指していきたいと思っています。

 【社会人 F.Rさん】
ロゴルファーを目指していた私は、高校卒業後、ゴルフの研修生として6年間、活動をしてきました。その間、ゴルフというスポーツに関わり、そのスポーツ特有の怪我をし、治療、ケアしてもらった経験があり、これを活かしたいと考えました。そして今度は、自分自身が、怪我をした他の人を治療し、ケアをし、サポートしていけたら良いと思い、柔道整復師になろうと考えたのです。この資格を取得し、たくさんのスポーツ選手やそれ以外の人も、自らの手でサポートしていきたいと思っています。

 【社会人 Y.Mさん】
10年来、お世話になっていた接骨院の先生は、その人柄や、真剣さにより、近所の人達から大変信頼され、素晴らしい方でした。私も、その先生のようになり、多くの方に喜んでもらいたいと思い、柔道整復師を志すことを決意し、入学を希望しました。50歳を超える年齢ではありますが、頑張っていきたいと思います。

 【社会人 Y.Tさん】
生時代、バスケ部に所属していた私は、怪我も多く、その度に治療やリハビリをして頂いた先生方と接し、私も怪我をした人達を治す手助けをし、患者さんに笑顔になってもらいたいと思いました。これが柔道整復師を目指すことに決めた理由です。現在は、整骨院で治療補助・運動指導を行っておりますが、柔整師になる為の基礎知識・専門知識・技術を修得し、臨床現場で一人一人の患者さんの声に耳を傾け、正しい情報と確実な施術で痛みを取り除き、安心してもらえる柔道整復師になりたいと思います。仕事と学業の両立を考慮し、こちらの学校の夜間部に魅力を感じ、入学を決めました。

 【社会人 N.Nさん】
は、自分自身のウェイトトレーニングを長年やっていて、トレーニングを通して身体の事に興味を持ち、リラクゼーション・整骨院等の仕事を経験してきましたが、人の身体に触れるには専門的な知識が必要と思いました。また私自身が交通事故で膝を悪くし、病院・整骨院等でリハビリをとても親切にしていただき、私もこのような仕事に就きたいと決心しました。怪我の為、就職などで困難な時期もありましたが、柔道整復師という資格を取得し人生を変えたいと決心し入学を決めました。3年後には柔道整復師を必ず取得します。

 【高校生 Y.Sさん】
は、高校生の時に腰痛を患い半年以上も運動が出来ず、ストレスを感じ、とても苦労しました。そんな時に初めて整骨院に行き、病院とは違う治療を受け、半年後には腰痛を治す事ができました。この先生のようになりたいと思い、柔道整復師について先生に聞いたりネットで調べて、3年間の勉強は楽ではないと思いましたが、興味のある事なら、勉強が不得意な自分でも頑張れると思い、決断しました。その他、人体の構造を熟知していれば怪我の予防や応急処置だけでなく、いろいろな場面で役に立つと思い、入学を決めました。

【社会人 H.Iさん】
が柔道整復師を志すきっかけとなったのは両親が高齢になり身体の不調や痛みを訴えるようになったことです。 このことから柔道整復師の仕事に興味を持ち始め、基礎知識や専門知識を学びたいと考えるようになりました。また高齢者の機能回復やリハビリについても学びたいと考えています。あらゆる症状に対する幅広い知識や技術を身に付け、患者様に喜ばれる仕事をしたいと思っています。

 【社会人 M.Sさん】
は大学に入学しましたが、思っていたイメージとは違い、自分で何がしたいのか、どのような仕事に就きたいのかを考えるようになりました。その後、求人広告で見た接骨業界に興味を持ち、高校時代に所属していた野球部で身体を痛め、接骨院の先生に治療してもらった経験や、祖父が介護マッサージを受けていたのを間近で見ていたこともあり、私も自分で患者さんと向き合い、実際に治療したいと思い柔道整復師を目指すことにしました。

 

 

お問合せ 来校予約 資料請求


TOPへ